【必見!】一人暮らしのインターネット回線で本当に料金が安いのは??その全てを詳しく解説&比較!!

一人暮らしに限らず現代社会ではインターネットというものが必要不可欠になってきました。世間の情報の速さはインターネットが一番と言われ、対人関係のコミュニケーションツールとしてもインターネットを使用しています。更にはゲームや動画閲覧など趣味にもつながってきています。

しかしインターネットの契約は少々複雑で理解するのも難しいです。そしてインターネットはもちろん無料ではありませんし、毎月かかる固定費です。一人暮らしでは少しでもお金を節約したいとことです。そこで今回は一人暮らしの方がお得にインターネットを使えるのはどれか、その中でもお得なのはどれかを詳しくご紹介します。

インターネットの種類と回線の違い

インターネットは5種類あります。それぞれに特徴があり、使用者によって最適解がありますので自分にあっているであろう種類を選択しましょう。

大きな分類としては自宅にインターネットをひく「固定回線タイプ」orインターネット回線を持ち運びできる「モバイルルータータイプ」の2つに別れます。

主に自宅でインターネットをメインでする人は「固定回線タイプ」。外でもインターネットを使用したい方は「モバイルルータータイプ」とすみ分けができています。次にそれぞれの特徴です。

固定回線の特徴

固定回線は自宅にインターネット回線を引くものです。そのため安定した通信が可能です。またスマホなどと違い、使い過ぎたら遅くなる通信制限がないです。しかし固定回線は基本的に共有型というものを使用しています。これは、マンション内にインタネット回線設備を設置し、その回線をマンションの住民みんなで使う(共有する)というもの。つまり、インターネット利用者が多ければ多いほど、回線の速度は遅くなります。そしてインターネットを申し込んでからインターネット開通までは2週間~1ヶ月程度かかると言われています。

またスマホなどと同じで2年縛りが存在します。そして契約している会社によって多少違いますが途中で解約をすると違約金や工事費の残額を請求される事がございます。ですので2年以内に引っ越しをする場合の導入は要検討です。(引越し先でも継続利用する場合はかからないことが多いですが、引越し先で同設備が導入されていない可能性があるため)

固定回線の種類

固定回線の中でも複数種類があります。みなさんも聞いたことがあるであろうものですが。

光回線

光回線は現在多くの会社で契約が可能な光ファイバー回線です。動画の閲覧やゲーム、大きなデータのダウンロードをする方にオススメの種類です。

最大速度(下り):100Mbps~2Gbps

月額利用料:3,500円~7,000円

CATV(ケーブルテレビ)

ケーブルテレビ会社が提供しているインターネットです。速度は遅いですが、ケーブルテレビも観たい人にとっては安くなる可能性があります。また通信速度は個人個人で選べるので、ほとんど利用しない方は安い契約をすることが可能です。またマンションの設備にケーブルテレビのインタネット回線しか入っていなく、強制的にCATVのインターネットに成ることがあります。

最大速度(下り):1Mbps~160Mbps

月額利用料金:3,000円~6,000円

ADSL

ADSLは電話回線を利用したインターネット回線です。光ファイバー回線が普及する前は殆どこのADSL回線でした。しかしスピードの遅さや安定性から最近ではあまり見かけなくなりました。回線の速度は自宅からNTT基地局からの距離によってばらつきがあり、遠ければ遠いほど速度は遅くなります。

最大速度(下り):1Mbps~50Mbps

月額利用料金:3,000円~5,000円

モバイルルータータイプ

モバイルルータータイプは基本的にはポケットに入る程の小さい端末を契約します。こちらはwifiの電波を拾い、それを使用することで、インターネットを利用できます。また小さい端末で電波を受信し使用できるため外出先でも使用できます。もちろんスマホにも使えますので、外でPCを使わない方でもおすすめのタイプです。

最近のモバイルルータータイプは進化を遂げており、以前までは、ADSL程度の速度しか出なかったのが、最近では光回線並の速度が出るようになりました。また月間の通信制限が無いタイプも登場し、固定回線との差もほとんどなくなりました。

しかしデメリットもございます。無線での通信になるので地域など場所によっては速度が不安定になることがあります。速度も固定回線よりも安定しないためPCでゲームをするようなヘビーユーザーの方には向かないと言えます。

最大速度(下り):128kbps~220Mbps

月額利用料金:4,000円前後

固定回線のメリット・デメリット

メリット

  • 光回線なら速度がはやくて安定
  • 有料TVのサービスを受けられる(別途料金)
  • 通信制限がない

デメリット

  • 室内でしか使えない
  • 工事が発生する
  • インターネット開通までに時間が掛かる
  • 途中解約で違約金発生(引っ越しなどで利用できなくなるケースでも)

モボイル回線のメリット・デメリット

メリット

  • 工事などが必要なくその場で使えるようになる
  • 外出先でも使用可能(外出中のスマホで動画閲覧やゲーム、アプリのダウンロード、写真の表示でも使用可能)
  • 引っ越しでも影響を受けない(引越し先が圏外の場合は使用できないことがございます)
  • 月間通信制限がないタイプもある

デメリット

  • 使えないエリア(地方などの地域)が存在する
  • PCゲーム(FPSなど)をする場合は無線接続のため安定しない

一人暮らしならばモバイルルータータイプがいい4つの理由

-shared-img-thumb-YUKA150912596015_TP_V

今回一人暮らしの方で特におすすめしたいのが「モバイルルータータイプ」です。これには4つの理由があります。

WiMAXの詳細サイトはこちらから

詳細サイト:http://setsuzoku.nifty.com/

 

活動時間問題

-shared-img-thumb-PAK86_asacyun20140125_TP_V

実際に生活していると、学校(会社)、バイト、友達と遊ぶなどで家を開けることが多いと思います。家は寝に帰るイメージ。自宅にずっといる方は問題ないのですが、平日は外にいる可能性が高く自宅でしか使えない固定回線をひくよりも、外でも高速で使えるモバイルルーターが良いのではないでしょうか。

速度の安定?

argument-238529__180

例えば格闘ゲーム、FPSという0,1秒で勝敗が変わる可能性があるゲームは固定回線の方が良いでしょう。有線でゲームができるので速度も出やすいですし安定します。しかしそれらをしない場合は固定回線にこだわる必要はありません。

またモバイルルーターは3年ほど前まではADSL程度の速度しか出なかったのですが技術の進歩で光ファイバーと同等の速度を出すことができるようになりました。

普段の利用時間

bsSAYA160312210I9A3410

実際に電車に乗ってみるとわかるんですが、電車内でのスマホをいじっている人の多さに驚きます。スマホひとつで「最新ニュース、ゲーム、本、サイト閲覧」などたくさんのことができるのでいじっているひとが多いです。スマホだけでもインターネットはできます。ですが、通信量の多い動画やゲーム等をしていると通信制限というものに引っかかります。これに該当してしまうとインターネットは不自由なものになります。

 

 

安くできるスマホ料金

インターネットと携帯料金の「通信料」!これは固定費で使っても使わなくても毎回支出としてなくなります。しかし一人暮らしならばそれも安くできるんです。

現在お使いのスマホのパケ放題を解約し、スマホでのインターネット接続はモバイルルーターにしてしまうというもの。契約内容により多少の違いはありますが、比較してみたので下記を御覧ください。

例1)スマートフォンのパケ放題とインターネット(固定回線orモバイルルーター)の場合

スマホ8,000円+インターネット料金4,000円=11,000円

例2)スマートフォンのパケ放題のみ

スマホ8,000円=8,000円

例3)スマートフォン基本料のみ+インターネット(モバイルルーターの場合)

スマホ3,000円+モバイルルーター料金4,000=7,000円

 

こうした比較をしてみるとスマホを基本料のみにし、インターネットはモバイルルーターで接続したほうが安く済みます。また、スマホのみと1,000円しか変わりませんが、スマホのみの場合はPCは使えなく、月に5GBまでしか使えません。(テザリング機能付きスマホであればPCも使えるが5GBまでは変わらない。5GB以上は速度制限がかかりまともに見れなくなります)

どれが一番いいの?モバイルルーターに関する基礎知識

モバイルルーターはいろんな機種が出ています。そしてその中でも高速通信でなおかつ月間通信制限がないものをご紹介します。

通信エリアが広く、220Mbpsの高速通信可能なWIMAXがおすすめの理由

モバイルルーターにしようと決めても問題はあります。まずは一つ目は種類がたくさんありどれにすればいいかわからないということ。

モバイルルーターの種類の違い

モバイルルーターは複数あります。違いは大きくワケて「月額利用料」「通信速度」「月間速度制限の有無」「割引額」「その他オプション」です。基本的には月額利用料はどれも4,000円前後で同じです。(WIMAX 3,696~4380円 auスマホなら最大934円割引)通信速度は50Mbps~220Mbsとなっております。(WIMAXは220Mbps)

そして一番の問題でもあった「月間通信速度制限」こちらはWIMAXのみ制限がない使い放題のプランをご用意しています。これにより使いすぎによる速度低下の心配はないといえるでしょう。

※直近の3日間で3GB以上使用すると直近3日間の通信量が3GB以下になるまで速度制限がかかります。(モバイルルーターではなくスマホなどの場合は1ヶ月間制限がかかりますので、だいぶ違います。また速度制限と言ってもyoutubeなどは見れる程度は出ます)

エリアの広さ

出典:http://tsunaga-ru.net/living-alone-internet-2-2764

出典:http://tsunaga-ru.net/living-alone-internet-2-2764 (2016年5月現在)

モバイルルーターでは圏外が存在するため一部利用できない地域があります。

しかしWIMAXではエリアは現在も拡大中で、auのLTEも使うことができるのでエリアの広さがおすすめの理由の一つです。最新の提供エリアの確認はこちらからできます。

またWiMAXの詳細に関しましては下記画像クリックでも詳細ページに飛べます。

注意点

WIMAXの契約はWEBサイトでもできますし、家電量販店でもできます。しかし家電量販店では不要なオプションを付けられます。後で外すことも可能ですが、オプションを外すのにもなかなかつながらない電話をしなければいけなかったり、何を外せばいいのか覚えていないといけなかったりと、いろいろ面倒です。またこういうのに慣れている人は良いのですが、慣れていない人は結局外さず少し高い料金で使い続けていることも珍しくないためオススメできません。

さらにおすすめの申込方法としてはWi MAXの直販サイトよりも接続サービスを行っているプロバイダのウェブサイトからの申し込みがおすすめです。

おすすめの理由としてはプロバイダーでキャンペーンを行っており、キャンペーン特典を多く受け取れるためです。どのみち使うのであれば少しでも安く使ったほうがいいです。知っているのと知らないのでは数万円変わってきます。

また直販サイトで契約したとしてもプロバイダーは必ず契約をしなければいけません。

試しで使ってみたい、レンタルという選択肢

モバイルルーターを使ってみたいけど不安……という方や普段使わないけど必要なときは使ってみたいという方はレンタルという選択肢があります。試しにどの程度早いかを試すこともできるので不安な方にはおすすめです。

更には1日単位で数百円~使えます。

レンタルに関しては下記の詳しいサイトをご覧ください。

詳細サイト:http://www.wifi-ch.net/



今回のまとめ

  • インターネットには大きくワケて「固定回線タイプ」と「モバイルルータータイプ」がある
  • 自宅でしか使わない場合は「固定回線タイプ」、外でも使うなら「モバイルルータータイプ」がおすすめ
  • 一人暮らしの場合は料金も安くなり使い勝手のいい「モバイルルータータイプ」がおすすめ
  • 不安であればレンタルもできる

いかがだったでしょうか。少々長くなりましたが、インターネットに関する事は情報量も多く理解するのが難しいですが、今回の記事を読んでいただければ大体大丈夫でしょう。特に一人暮らしでは全てを自分でやらなければいけなかったり、少しでも節約できるところはした方がいいですし。

あなたの生活にあったいいインターネットが見つかればと思います。

>>現在2万円キャッシュバック中!WiMAXの詳細ページはこちら<<

page top