一人暮らしのインターネット契約で知っておくべき3つの事!

bsSAYA160312210I9A3410

keyboard-469548_1280一人暮らしをはじめると水道やガス、電気といったような生活インフラの他にここ最近はネット環境というものが重要になってきています。生活していく上でインターネットは必要不可欠なものになっており、特に若い方ほどその需要は高いといえます。しかしこのインターネット。使う分には問題ないのですが、悩むのはその契約。詳しいことはわからないけど、契約したいというあなたへ、今回は契約時に知っておいたほうが良い知識をご紹介します。

関連記事:【必見!】一人暮らしのインターネット回線で本当に料金が安いのは??その全てを詳しく解説&比較!!

インターネットの種類は2種類!あなたに最適なものは?

インターネットを使えるようにするには固定回線タイプとモバイルルータータイプの2種類があります。一人暮らしをする上で無駄な出費にならないように自分にあった方を選択した方がいいでしょう。

固定回線タイプ

-shared-img-thumb-C777_kotatudeMBAtookashi_TP_V

固定回線タイプというのは自宅(部屋)にインターネットを通す事です。一人暮らしの方は一軒家よりもマンションやアパートに住む方が多いと思います。マンションやアパートの場合マンション内の共有スペースに設置してある設備を使って、部屋までインターネット回線を通すのが主流です。部屋まで通すのに契約が必要ということです。最近は複数のパターンがありますのであわせてご紹介します。

同じ光回線でも料金が違う!?その理由とは……

アパートやマンションに設置されている設備はマンションタイプと言われています。このマンションタイプの仕組みなのですが一つの設備をマンションの住居者で共有しています。そのため、マンションの部屋数が多ければ安く少なければ少し高い値段で設定されています。回線業者は複数あるのですがユーザー数が一番多いNTTで比較してみます。具体的には

  • 4部屋以上8部屋未満 ・・・3650円(NTT東日本)/3420円(NTT西日本)※西日本は6部屋以上
  • 8部屋以上16部屋未満・・・3050円(NTT東日本)/2930円(NTT西日本)
  • 16部屋以上     ・・・2650円(NTT東日本)/2530円(NTT西日本)

このように料金が変わってきます。上記の金額はインターネット回線使用料です。プラスでプロバイダー使用料というものが発生します。(月額500円~)

最近のマンションやアパートはインターネットが既にできますよという触れ込みで物件情報サイトなどに載せています。これは重要なので覚えておくといいでしょう。

インターネット対応物件の3パターン

インターネットには複数のパターンがありますのでよく理解しておくと引っ越しの際にも役に立つでしょう。

マンションタイプ対応

こちらが一番多いものです。先ほど説明したタイプで、既に建物の共有スペースにインターネット回線が来ていますよ。ということです。しかし共有部にまでしかきていないので、別途契約して、開通工事を行い部屋にネット回線を通す必要があります。もちろん、使えますよということですので使わなくても構いません。その場合はお金はかかりません。工事と言っても基本的には業者が全て行ってくれ、殆どの場合立会も必要ないケースが多いです。

アパートの独自回線

こちらは最近増えてきたタイプです。すでに部屋にインターネット回線がひかれており契約するだけですぐに使えるタイプです。こちらのメリットは価格が安いことと、開通に関する手間が一切ないことです。しかし回線業者などを選択できないので不満のあるネット環境であればどうしようもないというデメリットもあります。

共益費などに含まれている

こちらは家賃や共益費などにすでにインターネット代が含まれており、特に契約しなくてもインターネットが使えるタイプです。しかしインターネットを使わない方にとってはデメリットでしかないです。

固定回線タイプのメリット・デメリット

固定回線タイプにはもちろんメリットデメリットがございます。

メリット

  • 速度が安定している
  • キャンペーン適用などの安くなるキャンペーンが豊富
  • スマホのような通信制限がない

デメリット

  • 自宅でしか使えない
  • 工事費用がかかる場合がある
  • 開通まで3週間程度かかる

モバイルルータータイプ

mobile_router

最近普及してきたモバイルルータータイプです。どのようなものかというと、持ち運べるインターネット回線です。スマホでWi-Fiを使ったことがあると思いますが、そのWi-Fiを発信している機械と言ったらわかりやすいでしょうか。自分専用のWi-Fiが使えるタイプです。

 

モバイルルーターを使うとスマホの料金が安くなる!?

モバイルルーターの最大のメリットである、「持ち運び」。つまり外でもスマホ用に気軽に使えます。なのでモバイルルーターを契約するとモバイルルーターで常時インターネットがつなげるので、スマホのパケ放題などを最安値のものにしたり工夫することでトータルの通信費が安くなります。特に別料金で通信制限にならないように使用容量を増やしている方は安くなります。

例)パケ放題は4000円~で多くの人は5000円程度かかっている。そのパケ放題をすべてやめて、4380円のモバイルルーターを契約すると少しの節約ができる。

モバイルルーターのメリット・デメリット

モバイルルーターのメリットとデメリットをご覧ください。

メリット

  • 持ち運びができ外でも使える
  • 工事の必要が無いためすぐ使える
  • 価格が安い

デメリット

  • スマホと同じように圏外が存在し、通信環境状況によっては使えない
  • 通信制限があるキャリアがある※最近では通信制限がないキャリアもあります
  • 複数人での場合一人が持ちだすとその他の人は使えない

今回のまとめ

  • 一人暮らしのインターネットの選択肢は2つある
  • ゲームや大きいファイルのダウンロード、自宅で動画閲覧をたくさんする方は固定回線がおすすめ
  • 外でスマホを早く使いたい方やとにかく安くしたい方はモバイルルーターがオススメ

インターネット環境は使う方によってどちらが最適かが変わってきます。自分の使用用途はどのようなものかよく考えてどちらかを選択しましょう。

ちなみに私は固定回線を使っております。自宅の時は安定した速度でインターネットができるメリットが強く感じました。また私がよく行く外出先はWi-Fiが通っているので不便を感じませんが、生活してみて外でWi-Fiが使えない場合はモバイルルーターも検討しましょう。すぐにスマホの通信制限かかってしまいますので。

さらなる詳細は関連記事をご覧ください。

関連記事:【必見!】一人暮らしのインターネット回線で本当に料金が安いのは??その全てを詳しく解説&比較!!

page top